マイクで収録した自分の声に違和感がある理由

なぜ「録音した声」は普段の声とまるで違うものに聞こえるのか?

なぜ「録音した声」は普段の声とまるで違うものに聞こえるのか?
GigaZineで面白い記事を発見しましたので是非御覧ください。

自分も初めて自分の声を収録した時に思いました。
ただ直感的に「骨による伝導する音が聞こえない」ことが大きく関係しているのではと当時思いました。
あと水分。人間は骨と水分の影響で機材がとる殺風景な装備よりはより詳細に音が捉えられるように感じるのかなと思ってました。

しかしこのビデオでは人間の思い込みもひとつの干渉なんだと言ってますね。
人間と機械の大きな違いである、思想にも音と関係があるとは驚きです。

フォロー!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください