ボイスサンプルのつくりかた

ボイスサンプルは習うものではない

ボイスサンプルという言葉を初めて耳にしたのは何時(いつ)でしたか?

そうボイスサンプルは教えられない、知る人しか知らないコンテンツ。ツール(道具)です。

答えは簡単。自分の声のサンプルです。

こういう声できます。演技できますよっていうサンプルです。

何故ボイスサンプルが必要なのか

要求する側が、声質と演技が要求しているものかを確認するためです。

これは要求する側の内容が毎回変わるので、全てにおいてではないです。

最近では歌やナレーションまでも含まれていることが多々あります。

声優はなんでもできないといけない時代に入っているとつくづく感じます。

どう作ればいいの

是非プロが収録に立ち合い安心して収録できる当サービス「VOICE SQUARE」をご利用ください。

価格も満足度も高いサービスです。明瞭会計でスタジオまで送迎サービスも御座いますので安心してお越しになれます。

サービス内容を確認する

自分でボイスサンプル作れないか

率直にいいますと、非推奨です。

たとえ自分でいいものが収録できたとしても、お仕事では違う場所で、別の人が立ち会い、別の人が収録するため、自分で精神状態をコントロールできなくなる可能性があります。

それでも自分で機材を購入してどうにか簡易的な収録環境を作りたい、という方は是非下の内容からお申込み頂ければ安価で質問にお応え致します。

ボイスサンプルの作り方おしえます 初心者歓迎 声優ナレーター志望者へ ボイスサンプルつくりかた

フォロー!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください